沿革

日商岩井紙パルプの設立から現在までの沿革です。

昭和63年07月 エヌアイパッケージ株式会社の商号で日商岩井株式会社100%出資(資本金5,000万円)により創立。
平成04年04月 日商岩井株式会社から洋紙部門の商権移管を受け洋紙部を新設。
また同社の追加出資により資本金10,000万円に増資、
あわせて日商岩井紙パルプ株式会社へと商号を変更。
平成06年10月 日商岩井株式会社から輸出部門の商権移管を受ける。
平成07年10月 日商岩井株式会社から大阪紙パルプ部門の商権移管を受ける。
平成11年12月 第三者割当増資実施により新資本金29,800万円。
平成12年04月 兼松株式会社の紙パルプ部門と経営統合。
東京本社/大阪支社/九州支店の三事業所体制を確立。
平成12年09月 環境ISOの認証取得。
平成16年03月 32,780万円に増資。
平成20年02月 FSC/PEFC CoC認証を取得。
平成26年07月 ベトナム駐在事務所を開設。

ページのトップへ